初めてでもバッチリ着物が着られます

初めて着物を着る方にとって、あらゆる飾りはいったい何か、襟を合わせるだけでいいのかなど、まったく着方がわからない物に見えます。振袖や留袖、訪問着のように、美しく着る必要があるものは初心者の方が挑戦するには、ハードルが高いですので、まずは浴衣や付下げ、紬のように、柄を細かく合わせる必要や、難しい帯の結び方をする必要のないものからチャレンジをしてみるべきです。特に浴衣は他の着物に比べ、用意する物が少なく、着る感覚を学べます。初心者の方が、ばっちり着ることができます。男の方も同様に、初心者の方は浴衣から着ることをおすすめします。もちろん、下着に関しては専用の下着をご用意ください。特に胸の大きな方はブラに関しては専用の物を着用されると、着付けもスムーズになります。さらしでつぶすよりも楽に着ることができます。

着物の下着は見慣れていないだけで、同じような感覚です

着物も日々、進化しています。特に日常に合わせている物はポリエステルで作られ、洗濯も可能というものです。下着である襦袢は特に気軽に洗えると非常に助かります。靴下の代わりに足袋、下着のパンツはそのままでも大丈夫ですが、男性はステテコ、女性は裾除けがあると、汚れなど気にせずに済みます。肌襦袢は長襦袢の下に着る物です。ここで初心者の方は挫折してしまいそうですがようするに下着です。キャミソールの上にさらに防寒用の下着を羽織ることで、寒さを凌ぎ、着物を守るものが長襦袢、キャミソールを肌襦袢という感覚でおぼえてください。肌襦袢と裾除けには紐が付いていますので、それを縛ってもらえばいいですが、長襦袢に関しては、伊達締めというベルトを着けて整えます。簡単ではないと思われるかもしれませんが、浴衣の場合、ワンピース型下着という肌襦袢と裾除けを合わせた簡易版下着一枚で十分です。長襦袢もいりません。

着物の着方は襟と裾に気を付けることが大切です

旅館の浴衣を着る時に、襟はどちらが上だったかと、迷う方もいると思います。洋装に慣れていると、なかなか身に付かない感覚ですが、右手が襟に入れやすいようにと覚えてほしいです。昔は襟元や袖をポケットの代わりにしていましたので、右前で合わせます。右前といわれても誰に対してどのように右なのかが分かりにくいですが、自分にとっての右を先に合わせる、ということですから、自分にとって左側の襟が上になる形になります。よく左前は死者の着物といいますから、なるべく間違えないように着てほしいです。最初に合わせるのは、襟ではなく裾です。裾を合わせ腰ひもで固定した後に、腰回りを整え、襟を直していきます。まずはこの順番を覚えてください。理屈がわかり、慣れれば着ることができるのは和装も洋装も同じです。