着物のあれこれを分かりやすくお教えします

今、若い人にも人気が上がりつつある着物ですが、その種類は多種多様です。着て行く場所や時期によってもしきたりがありますので、場違いな着物を着て行かないように事前にしっかりと勉強しておくことが必要です。たくさんの種類がある着物ですが、より多く着る機会があるものを紹介していきます。結婚式などでよく母親が着ているものが、留袖と言われるものです。留袖には、黒留袖と色留袖があります。黒留袖は既婚女性が着る第一正装と言われるものです。それに対して色留袖は、未婚女性でも着ることができ、家紋が五つ入っているものであれば黒留袖と同じ第一礼装として扱われます。成人式で着る振袖は、未婚女性が着る第一礼装です。一枚の絵のように縫い目で絵が切れることが無いように作られています。成人式以外にも結婚式やパーティーなどでも着用が可能です。

かしこまった席にお呼ばれされたときに着て行く着物とは

結婚式や成人式、パーティーなど華やかな場所で着ることが多い着物ですが、ちょっとしたお呼ばれや親せきなどではない友人の結婚式に呼ばれたときに着て行く着物もあります。訪問着や付け下げ、色無地などです。色無地は、一色で染められた柄が無い無地の着物です。シンプルなものではありますが、一つ紋を付けることによって礼装として着て行くことができます。友人の結婚式や様々な正式なシーンで着ることができます。また、紋付でなければ街着としても着用することができますので、色無地は一枚持っているといろいろな場面で着用することができとても便利です。付け下げは、訪問着としても着ることができる華やかなデザインから、カジュアルに着こなすことができるシンプルなデザインまで数多く売られています。訪問着よりは付け下げを持っていたほうが幅広く利用できるからおすすめです。

普段着と同じ感覚で着られる着物もあります

かしこまった席や、フォーマルな場所に着て行く着物以外に、カジュアルな着物として幅広い年代の方に人気があるのが、小紋と呼ばれている着物です。小紋の柄付け以外にもカジュアルなものとして挙げられるのが、紬と呼ばれる糸を先に染めてから反物にしていくもの、素材自体が綿やデニムでできているものなどがあります。小紋には江戸小紋というものもあります。小紋は、街着以外にもお華やお茶、書道といった習い事にも着て行くことができます。日本の伝統でもあるお茶などの習い事にはぜひそういった着物を着て行くとより一層、気持ちが入り成果もあがっていきます。デニム素材の着物の利点は、手軽に洗濯をすることができるというところです。肌触りがいいので着心地も良く、夏など暑いときにさわやかに着こなすことができます。