着物の種類や特徴を分かりやすく説明します

着物には、工程や柄付けの違いによりさまざまな種類があります。例えば、主に絹を素材に使用しているフォーマルの着物には黒留袖をはじめ、色留袖や振袖、訪問着に色無地、付け下げがありますが、柄付けの違いや紋の有無、紋の数によって格が変わります。一方、木綿やデニムが素材に使用されているカジュアルの着物は、柄の付け方によって分けられているフォーマルの着物とは違い、小紋と呼ばれる柄付けが施された着物となっており、江戸小紋をはじめ、小紋や紬、木綿にデニム着物、浴衣などがこれにあたります。また、着物を着用する上で欠かせない帯にも、着物と同じく格があります。一般的に、着物は染めのものは格が高いとされていますが、帯の場合は織のものの格が高いとされており、コーディネートする際には、季節やシーンだけでなく、着物と格を揃えることが何よりも大事です。

種類によって特徴や着用シーンが異なる着物

フォーマルの着物には、黒留袖や振袖、訪問着などが挙げられますが、黒留袖は既婚女性の第一正装とされ、裾には模様、背中や胸元には家紋が入っており、主に結婚式に新郎新婦の母親や親族の既婚女性が着用する着物となっています。また、未婚女性の第一礼装とされている振袖は、成人式や結婚式をはじめ、フォーマルなパーティーなどでも着用することができる着物となっています。一方、小紋や紬、浴衣といったカジュアルな着物は、普段着として着用できる着物となっており、同じ模様が着物全体に上下関係なく繰り返し描かれた小紋は、街着やお稽古事に最適なほか、木綿生地に染めが施されている浴衣は夕涼みや夏祭りに適した着物となっています。その他にも、普段着の着物の代表格といわれる木綿は、夏以外の3シーズンで着用することのできる着物となっており、温かみのある心地よさが特徴の着物となっています。

着物初心者にはポリエステル素材がおすすめ!

着物というと保管方法が難しいというイメージがありますが、最近ではYシャツやドレス、ウェアなどに使用されているポリエステルを素材とした着物も登場しており、着物初心者でも気軽に着物を楽しむことができるようになっています。ポリエステルの着物の最大の特徴は、絹や木綿といった一般的な着物とは異なり、自宅で洗えるという点です。また、強度があり、型崩れもしにくいポリエステルの着物は、一般的な着物とは違いカビが付きにくいという特徴もあるので、着物の保管に慣れていない初心者にもぴったりの素材となっています。その他にも、普段着として着用できる着物には色無地や小紋、訪問着などさまざまな種類がありますが、気軽に着物を着用したいなら小紋がおすすめで、近頃はデザイン豊富なポリエステルの小紋も続々と登場しています。